上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ギャラリーズアイを見てきた。

僕すごい鈍感なんだと思う。何も感じられなかった。
ぐっと入れる作品はいくつかあったのだけれど、
それはあんな空間でもそれを起こすことが出来る作品の凄さで
ギャラリーともギャラリーズアイとも関係ないように思えた。
視点ということでも大きな差はなかった。
どちらかといえば同じ世界の住人のように見える。
9割の作品がどこのギャラリーにあっても
そんなに違和感ないだろうし。

あれをアートとして見るのは物足りなさ過ぎて出来ないし、
あれをギャラリーの力や眼としても全く見れなかった。
もちろん使ってみたい器もあったけど器は器で、壺は壺で。
写真で見るよりも実物の方が普通だった。
オブジェ的なものも、インテリアとしては良いし
生活の一部になるという意味ではとても日本的だったけれど。
ただアートって何?というのがあるからね。
僕の中でのアートなんて、今回のギャラリストから簡単に論破されるレベル
だし、自分の中にアートに対するロマンチックな幻想があるのかもしれないが、
それより作品としてもビジネスとしても
地獄の三丁目に行く気が感じられなかったからつまらなかったのかも。

FBに様々な論評が出ているんだけど、
皆さん本当に細やかに感じ賛否両論ありながら丁寧に語っていて
自分の鈍さに笑っています。
そしてやる意義について書かれている物が多いのだけれど
展示として見る価値があったのかはあまり触れられていない。
あれだけの旬なギャラリーと並んでも欲しい作家物だから、
価値はあるのだろうけど、それは運営側の意図とは違うと思うし。
作家に見て欲しいという事でしたので行きましたが。

「まりおの生けた花が良かったです。気づけばまりおのを見ていました。」

結局、行く前のモヤモヤは更に増大してしまって、
帰り道に僕がいる所・いたい所ではないのかな
という思いだけぐるぐるしていました。
単純に嫉妬かもね。

そんな感じだったので、その後に見に行ったクートラスは
僕には温泉のようでした。
クートラスの絵はいつ見ても「素敵!いい!」と単純には思えなくて、
すごい好きなんだけど見ていると
ものすごい重くてしかも質の違ういくつかの感情や波が
どんどん絵から僕の中に入ってくるから辛くなるときもあって。

だからあれを所有する事は僕には出来ないかもといつも思うのだけれど、
あの日のクートラスは心地良く体に浸透していきました。
前に見たものや松濤美術館の空気と
ギャラリーズアイとはまた違った見に来ている人の質にもよると思いますが、
ただただ僕はあの中で漂っていました。
僕にとってはとても純度が高くて本当を感じるからかもしれないです。

同日に行ったので、ギャラリーズアイとクートラスを
同じ土俵に上げてしまいましたが
ギャラリーズアイとクートラスとコンテンポラリーアートは
本来同じ所のものではないのでそこは一応補足しておきます。

あ、もう一つギャラリーズアイで思ったことがありました。
あーなると素材をしつこく触っている作品が必然的に強くなるなと。
そしてその感覚は今年の自分の制作に少なからず影響を与えそうです。

そろそろ僕も制作に向かわなければ。

PS 普段から展示はかなり興味を引いたもの以外は見に行かないけど、
今後も行かなくてよい気がしてきた。
ギャラリーとの関係を作るのも仕事だよと言われるけど
でも行かなくていいや。面白くないんだもの。
僕が世の中の見方や美からズレていることも受け入れて
もう見に行かない。


スポンサーサイト
I started posting my work& everyday life on Instagram.

Check it out when you get a chance.

Instagram



SDIM0405.jpg

技の究極とするところは、工棰の語のように「指、物と化し、心を以て稽へず」「足を忘るるは、履の適へるなり。腰を忘るるは、帯の適へるなり。知、是非を忘るるは、心の適へるなり」というのに尽きよう。すべて意識にものぼらぬということが、道と合する所以である。 

白川静先生のこの言葉を胸に作り続けていけたいと思いました。


今年から始めたFlowシリーズ。

東京と大阪に出す作品を少しだけここで。

東京2点・大阪2点です。

このシリーズは20点ぐらい貯まったらこちらでまとめてみようと思っています。

SDIM0319.jpg


SDIM0336.jpg


SDIM0308.jpg


SDIM0327.jpg


思想だった言葉が様式になっていく。

だから言葉は見ないで物だけを見る事にしている。



怪獣とうんこが大好きな人の歌
無責任にものを作っていた時代が長いし、そういうものが溢れちゃってるわけだから

みんなゴミになっちゃうわけでしょ。

着る人も、ああ、これは誰がどうやって織った、ということわかると、無下に捨てられない。

ゴミにならない。だからゴミにされないような、最後の最後まで使いこなしてくれるような。

まあ、雑巾にもならないような布っていっぱいあるからね。

だからそういうものが溢れた中で、捨てられないように

ゴミにならないような布をつくるには、どうすれば良いかってなると

やっぱり1本1本に、自分の神経を注いでいけるようなもの作りじゃないと

ほんとに捨てられるよね。

もう、つくらない方がいいんじゃない。そんなものを作るんであれば。

これだけ安くていいものが溢れているわけだから。

石垣昭子 (茂木綾子監督作品 島の色 静かな声より)



この映画のDVDを取り寄せて初めて見たのは一昨年、織りを始めて2年目だったと思う。

学校や教室で織りの基礎的技術や知識を教わる事も無く家で織っては発表し

工房からの風というイベントに初めて応募、落選した後で、

「自分には何が足りなかったのだろう」と考えていた時だった。

いろいろな作品展を見に行って、
(その中に今お世話になっているぬぬぬパナパナのうちくい展もあるのだが)

自分に足りないものは、「手を動かす時間・素材と向き合う時間」だと何となく感じるようになっていた。

そんな時に見た「島の色 静かな声」。

昭子さんの厳しい言葉に緊張する自分がいたけれど、

同時に心に何か熱いものを感じ、やるべき事が決まった瞬間だった。

今日、久々に見て当時を思い出し、

またこの昭子さんの言葉は今作る事をしている同年代の人達にも

入っていくものではないかと思ったのでこちらに記しておきます。

今年の5月に昭子さんにお会いする事が出来ました。ほとんど喋れなかったけど。。。

クラフトフェアまつもとでも僕の作品を見てくれていたようでした。

島の色 静かな声
振り切れないと

もっと

もっと

生活と仕事

あちらとこちら

境が曖昧になって

錯覚を起こす。

どちらが先になり

どちらが上を向いているのか

そんな事全てが無意味になるような世界



あ〜もう1年経ってしまう! 早いですね。

10月13日・14日、工房からの風 2012が

ニッケコルトンプラザ野外会場にて開催されます。

今年は10周年記念ということで、「あの作家さんやこの作家さんまで!」とかなりの充実ぶり。

そして僕的には、初めて出る作家さんで気になる方がとても多いです。

まだ行った事もない方も今年は行っといた方がいいですよ(笑)。

是非、お時間を多少無理してでも作ってお出かけくださいませ。

詳しい内容は工房からの風のHPをご覧下さい。

工房からの風HPはこちら←クリック

ちなみに私、濱野は昨年出展しましたので今年と来年の出展はございません。