上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
nunupana_2015_p1-thumb-420x139-2594.jpg

nunupana_2015_p2-thumb-420x140-2597.jpg


2月のシーズン終了後のアトリエ移転やその他 諸事情がありまして
東京展の新作は手紡ぎ手織りのストール3点となります。

先シーズンより始めたFLOWシリーズの新しい形が頭では出来ていたのですが
制作は間に合いませんでした。申し訳ありません。
(大阪展には少し出せるかな!?)

また、会場にもほとんど伺えないと思いますので、
そちらも重ねてお詫びいたします。(大阪展は数日在店予定です)

他の作家さんの作品は素晴らしい物が揃っているとの事です。
素材作りからされた布はなかなか見る機会が無いものですので、
ご興味持たれた方は是非お寄り下さいませ。

どうぞ宜しくお願い致します。

【東京展】
会期:2015年5月22日(金)〜25日(月)
会場:ラ・ケヤキ(東京都新宿区内籐町1-6)
地図:http://l-amusee.com/lakeyaki/access.php
時間:11〜19時
入場無料

【大阪展】
会期:2015年6月3日(水)〜8日(月)
会場:大阪・阪急百貨店うめだ本店 9F阪急うめだギャラリー
時間:10〜20時(金・土は21時まで。最終日は18時まで)
入場無料

スポンサーサイト
10995192_922574211099085_1680711613_n.jpg

今年の春夏はほとんどの展示をお休みする事にしました。

アトリエの引っ越し、THTEWEARプロジェクト始動が主な理由ですが

それに一つ加えるとすれば制作スタイルの見直しがあります。

2014年は猛烈に作り展示しました。

僕の中では実験の意味合いもありましたし、これをやる年であると確信して動いていました。

結果、良かった点もあり、また課題も多く見つかりました。

そしてそれを咀嚼した上で

今年は、作品1点に対しこれまでより多くの時間を使います。

しつこく攻めていきます。

売価や時間を気にせずに、凝縮した物を生み出します。

そのため、昨年好評頂きましたミニマフラーなどは少し抑え目に。

もしクライアント様でご希望がありましたら

展示2ヶ月前に言っていただければ対応致します!

マフラーは作るつもりなのですが、巾や長さなど吟味し直し

今までとはまた違ったものとなるはずです。


手仕事

今の時代とても困難な分野です。

織物にしてもインド、中国、タイ、ラオス、etc

規模、職人の数、技術、賃金、材料

日本の作家や工房が同じようなもので挑んでも勝負になりません。

僕自身、それは何年も前からわかっていた上での活動でしたが

結局、上記の産地や人が作れないもので魅力的な物を作れば良いだけの話で

それが出来る人だけが次を作っていくわけですから、
(そして良質という事だけでは勝負できなくなっている日本。向こうは良質で安価で手仕事で量産ですからね)

そのための昨年であったし今年であると思っています。

ということで

3年続けて出させて頂いたクラフトフェアまつもとには応募しておりません。

これはクラフトが自分の場ではないと思えた事、

そして出展し続ける限りあのレベルで止まってしまうという危惧もありました。

ぬぬぬパナパナは参加させて頂きますが、

制作時間があまりありませんので

少量になると思います。

そして今年後半、

まだお知らせできる展示がありません。

決まっているものもいくつか、これからご相談するものもいくつか。。

11月12月はだいぶタイトになってきています。

この辺りの詳細は夏ぐらいまでには。

そろそろ自分の中での今シーズンの扉が開きます。

頑張ろう。













10899061_912745802077557_911405329_n.jpg


10899070_843416985723700_1145111933_n.jpg


10914652_1404857103141818_1486389411_n.jpg

ひねもすのたりでの秋野ちひろさんとの二人展

『アードルフ爺さんの海辺の家』昨日、無事終了しました。

会期中に秋野ちひろさんといろいろな話をしました。

小さい髭の人と大きな髭の人の話

シオタクそれは鍋みたいで美味しそうな話

鹿おじさんの話

そして物と世界の話

年々、制作や何より作る事と物の存在価値について話が通じる事が少なくなってきました。

去年後半からはそういう場も避けていた気がします。

先は見えません

思想も貧弱、作品力も伴っていません

でも今二人が感じている言葉では満たされない熱は

いつか大きなうねりとなって世界を作れる

そう思っています。

同じ熱を持つ人々が引き合い繋がり

何年後か

僕たちが考えるものの力を

見て感じて伝えられますように

いつまでも熱さを失わず

自分と世界と物の螺旋の中を歩いていきたいと思います。

ちひろちゃんとの展示は来年もこの時期に行われます。

今回よりもっと良い展示を見ていただけるように頑張ります。














今シーズン最後の展示のお知らせです。

SDIM7886.jpg

濱野 太郎 展
2015.1.23 (金) - 2.1(日)
作家在廊日 1.23 (金) - 26 (月)、29 (木) - 2.1 (日)
12:00 - 18:00
*二子玉川KOHOROお向かいのスペース、SHEDにて

世田谷区玉川3−12−11−1F
03-5717-9401

KOHOROのHPはこちら

展示と同時にEnvelope online shopでも販売致します。
(今回の展示作品がお買い求めいただけます)

Envelope online shopはこちら

どうぞよろしくお願い致します。

--
織り始めて今年7年目に入りました。
今、思うのは僕が作っているのは、
巻物であってそれ以上でも
それ以下でもないということです。
でも、世界で一番かっこいい巻物を作りたいです。
泣いちゃうぐらい美しい色を布に織り込みたいです。
今回の展示では、色味を抑えながらエッジの効いたものや
一見ベーシックでありながら光を照らすと色が
溢れてくるようなそんな巻物を作りました。
どれも作家自身が染め織ることでしか
生まれないものだと思います。



c0149285_2335721.png


c0149285_23345844.png


伊勢丹新宿店の催事に続き、9日からは阿佐ヶ谷のひねもすのたりで秋野ちひろさんとの二人展です。

今回は海辺の小屋に独りで住んでいるおじいちゃんの持っている物や
記憶の景色を布と真鍮で表現しました。

私の作品は地味なものばかりですし
会場もカフェなので凝った展示は難しいですが
布の上に秋野さんの真鍮のオブジェやジュエリーを泳がせたら
綺麗じゃないかなと思ったりしています。

販売というよりは空間がキラキラしていればそれで良いかな。
作品数や種類は伊勢丹より少ないですが、ゆっくり見て頂ける展示になると思いますのでお楽しみに。

ひねもすのたり


10860111_420324521458670_483606988_n.jpg

明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願い致します

2015年最初の展示は伊勢丹新宿店ステージ5になります。
9日から阿佐ヶ谷ひねもすのたりでの秋野ちひろさんとの二人展もございますが
こちらはストーリーに沿った展示になりますので
種類は伊勢丹の方が多いです。
1枚だけですが、FLOWシリーズ初のBLACKが登場します。
お立ち寄りの際には是非ご覧下さいませ。

1月7日〜1月13日
伊勢丹新宿店本館5階センターパークステージ5

展示が詰まっている為、在店予定はございませんが
制作の合間に何回か伺う予定です。
(その代わりに販売スタッフをつけていただく事になっています)

どうぞ宜しくお願い致します。



1/7〜1/13   くらしを彩る春のおとずれ   伊勢丹新宿店

1/9〜1/17   濱野太郎・秋野ちひろ二人展  阿佐ヶ谷ひねもすのたり

1/23〜2/1   濱野太郎展   二子玉川 KOHORO

KOHOROでの個展が今シーズン最後の展示となります。

詳細は追ってご連絡致します。


11.jpg

大磯の布うさんでの展示は昨日無事に終了致しました。
お越し下さった皆様、どうもありがとうございました。

そして2014年最後の展示が来週に迫ってきました。

12月2日から三島のiriさんで
ジュエリーデザイナーの花島雅子さんとの二人展を開催いたします。
初日の2日(火)在店致しますのでお時間ありましたら是非お越しくださいませ。

TARO HAMANO×MASAKO HANAJIMA

2014年12月2日〜13日 10時〜17時
12月7日定休日
静岡県三島市一番町2-34 
TEL:055-943-7143
営業時間 10:00~17:00 日・祝休

HPはこちら







大磯の布うさんでの個展が始まりました。

24日までとなりますので、お時間ございましたら是非お寄り下さいませ。

SDIM7691.jpg





SDIM7681.jpg

織物作家にあるまじき!?年間14個の展も残すところあと2つになりました。

今週末から大磯の布うさんで個展を開催致します。(作品数50点程度、手紡ぎはございません)

HPなどございませんので、住所連絡先などこちらに記しておきます。

お時間ありましたら是非!

布う

2014年11月14日〜24日 

12時〜18時

木曜休み

作家在廊日 15日・16日

〒255-0001
神奈川県大磯町高麗 2-17-48
Tel/Fax : 0463-61-8644

大磯駅から徒歩約17分・バス「平塚」行き「花水」行き下車
平塚駅からバス「大磯二宮国府津」行き「花水」下車

布う