上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポロワスのインド茜染め(媒染 フィトカリ)
スポンサーサイト

上がシェットランド 下がポロワス

今は、メリノを紡ぎながらポロワスをインド茜で染めています。

今回は酢酸アルミでなくフィトカリで媒染しました。

紡ぎ挑戦2日目の糸を撚り止めしました。

糸らしくはなってきた、良かった!

でも目指してるのはもっと高いレベルだから日々精進です。

昨日から早速練習しています!

普通なら紡ぎ講習とか行くんでしょうけど

何とかなりそうな気がしたので 本とYou Tubeで勉強してます(笑)

これは今朝 紡いでる物  少し進歩しました。

1ヶ月毎日やればそこそこにはなる気がする。

         やって来ました! 今からお勉強です。

羊の毛買いました!

最初は紡げればいいかな〜と思っていたのでトップとスライバーを買うつもりだったのですが

グリージー状態から自分で洗って油分調整をすると、糸の段階で恐るべき差が出る事を知ってしまい

マニアの道へ。。。

とりあえず今は紡ぎの練習をするのでトップとスライバー(でも初心者用の種類じゃないけど)
も購入しときましたが、それ終わったらグリージーからしかやらないと思います。

いろんな種類の羊毛見たけど、個人的にはダントツでポロワスが良かったです、グッときました。

ポンタさんとこのポロワスは相当すごいんだろうな〜。

ひとまずは練習です! 

  作品保護用にスピンハウスポンタさんで楠の天然樟脳を購入しました。とても良い香りです!

あの向こうに何があっても不思議ではありません。

本日 藤原新也さんの「名前のない花」「日本浄土」を読了。
もう1冊借りてくれば良かった。。。 


     これから1ヶ月間、織り機が替わったり紡ぎ車がやって来たり羊毛コレクションが始まったりと

     家の中がガヤガヤざわざわするので家具の配置換えなどを行いました。

     この写真だけでもたくさんの国の物がありますよ。

     ジャワ島、日本、フランス、イラン(SIRJAN)、パキスタン、インド、トルコ

     現代のは2つだけ   寛司さんの木の皿と民藝のグラス(名前忘れてもうた)

     ここでさっき1冊読了しました。 いちばん危険なトイレといちばんの星空

     次は藤原新也でもいこうかな。        今日はそんな気分であります。




今日も夕焼けが綺麗でございました。

織り機についてですが、大機は今回 断念する事にしました。

スペース的な所と金銭的な所ももちろんですが
まだ織り機の知識が足りないと切実に思いました。

大機は一生使っていくことになるでしょうから
本当に必要な機を機屋さんと相談しながら作っていきたい
まだ僕の頭の中にそのビジョンが明確にない。

そしてもう一つ考えますのは都市的手織りの在り方です。
スペースも資金もない、様々な制約がある、それでも作りたい人はいますし
織りの神様に選ばれるべき人もきっとおられるはずです。
織り機の在り方もまた同じ。

どちらにしても次のステップには進みますのでお楽しみに!
あ、織り機を買い替えるのは変わりませんよ〜。