上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SDIM1550.jpg


次の作品はグレイッシュなボーダーです。本日より織り始め。

紡績糸だけでやってた時は織るのって時間かかるな〜と思っていましたが、

今は、織ってる時間なんて全体の1割ぐらいしかないという。。(苦笑)

でも手紡ぎ糸でないと出せない世界がありますので僕はやり続けますけどね。

あ、もちろん紡績糸でしかという世界もありますよ〜。

その辺りのは12月の個展ではお見せ出来ると思います。(まだ織ってない)

10月の工房の風は巻物のみで手紡ぎの作品9割、紡績糸1割の予定。

12月の個展は手紡ぎ5割、紡績4割、バッグ、小物1割が場として面白いかな。

紡績糸はウールの単糸を予定しています。(染めは自分でもやる)

ふわりと薄く仕上げるつもりなので全て平織り。

本当の質の良いカシミヤはもう普通の値段では買えなくなっていますのでやりません。

さて、珈琲でも飲んで織りを再開しましょうか。
スポンサーサイト
SDIM1544.jpg


SDIM1543.jpg
         
         洗い流された砂は布に美しいマチエールを残していた

           海の青さを少しだけポケットにしのばせて

              それは水の流れに向かう道

SDIM1516.jpg
         

         やさしく     そっと     つつみこみ

         おくりだす    かたちの    せかい

         まもるために   いきてきた   ふくらみは

         ひかりを     まとう     かげのいろ

         まやかしの    しそうを    もたない

         ただひとつの   かたち     そのもの

         なにもなく    しずかに    かおり

         じかんとそらを  このせかいに  もたらす
SDIM1547.jpg

SDIM1546.jpg

海から吹き上げられたその砂は地平線と交じり合いながら老人の元へと辿りつく
SDIM1488 13-17-38

昨日、工房からの風2011の個人ミーティングに行って来ました。

ディレクターの稲垣さんとのマンツーマンでのお話し合いであります!

なのに。。電車の時間を間違え遅刻するという大失態。。申し訳ありません(深く反省)

そして応募の時のアンケートを見て「何をしたいのか全然わからない」との強烈なフック!

いきなりワタクシ頭真っ白でダウンであります(笑)。

その後、稲垣さんに僕の中にある言葉にならないものをうまく引き出して頂いて

何とか10月に見せたいものが繋がり、かたちとして感じられる所まで行きました。

その後、現在らふとにてグループ展をされてるいる去年の出展者であります

遠藤マサヒロさん(木工)と山田洋次さん(陶)を紹介して頂いてしばらく談笑。

今から猛烈にやっても間に合わないぞ!10月はす〜ぐやって来ますという情報を得て

己のふんどしをキツキツに締め上げた次第であります。

(中学の水泳の授業、ふんどしでした。。)

先日のブログに書いたアルバイトの事も自分の中では答えがしっかり出まして

今年後半は真っ直ぐ作る事と向き合いたいと思っております!

もう禁酒だな(笑)。  頑張ります!