上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
nunu_2012_1-thumb-420x420-1495-1.jpg

5月31日〜6月4日 11時〜19時

新宿御苑脇のラ・ケヤキにて開催されますぬぬぬパナパナのぬぬ展に参加致します。

入り口を入って右側のお部屋の一角に専用スペースを頂きました。

展開出来た作品は半分程ですので、お声掛け頂ければ他の作品もお見せできます。

お気軽にお申し付けください。

また僕以外の作家さんは着尺を主にしている方が多く、通常なかなか見る事の出来ない

芭蕉布、紙布、手績み苧麻、座繰りした絹などをゆっくりご覧頂けます。

布にご興味がありましたら楽しんで頂けるイベントだと思いますので

お時間ございましたら是非お越し下さいませ!

ちなみに本日は鳥居と賽銭箱を作っておりました(笑)。

「ぬぬぬパナパナのぬぬ」展

会期:2012年5月31日(木)〜6月4日(月)
時間:11:00〜19:00 入場無料
会場:ラ・ケヤキ(東京都新宿区内藤町1-6)
スポンサーサイト
fairDM2012-1024x726.jpg



5月26日・27日にあがたの森公園で行なわれました

クラフトフェアまつもとに参加して来ました。

5月24日(金曜日)

午前10時30分、ぱらぱらと雨が落ち始めた松本駅に降り立ちました。

作品や什器は前もって宅急便で送っていましたが、

それでも40リットルのバックパック満杯の荷物を担ぎながらいざ観光!でございます。

まず向かったのはあがたの森公園

明日の開催に向けて準備が着々と進んでいました。

スタッフの皆様に感謝しつつ、今回1番行ってみたかったtadokorogaro

佐古馨さんの木の器の展示です。

18世紀の木片などを買ってしまう、マニアな木好きの私、久々に興奮してしまいました。

いわゆる工芸やクラフトとしては「いけないもの」なのかもしれません。

というオーナーはいるだろうと思います。

が、僕は単純にかっこいいと思いました。

そしてあえて、その中でもモダンな物を持ち帰る事にしました。

SDIM0147.jpg

薄く漆が塗られていて底が独特のソリッドな形をしています。

そのまま飾っても果物やサラダなどを盛っても合いそう。

クラフトフェアで販売する前に散財してしまいましたが買わずにはおれなかったですね。


tadokorogaroを後にして松本城へ

行くはずが真逆に行ってしまい、道に迷い迷われ。。。

おかげで渋いしっとりした町並みが見れて良かったのですが、足は棒ぼうぼう。

何とかぐるぐるしてお城に到着しました。

雨がだいぶ強くなって来たので藤棚で雨宿り

関西から来た酔っぱらいの観光客が何やらわめき散らしておりました。

SDIM0137.jpg

雨が強まる一方でしたので諦めて次の目的地へと移動を開始。

ギャルリ灰月丸山正さんの展示を見に行きました。

これは大きな展示ではありませんでしたが、とても良かったです。

いくつかのインスピレーションを戴きました。 作品に反映されていくと思います。

15時になったので一旦、ホテルにチェックイン。

荷物を置き、10cmLABORATORIO

10cm 空間がとても良かったです。

押しつけがましくないけど細部まで感覚が行き渡っている感じはなかなか出来なそう。

ラボラトリオは展示が小林和人さんでしたので、

東京在住で初期のRoudaboutに伺っていたりもする私は真新しさは感じなかったのですが

それでもセレクトする眼とものを並べて見せる力は相変わらず素敵で

ただ思ったより店内が狭かったので少し驚きました。

その後、川沿いを散歩しながら軽く夕食を済ませ

ホテルの無料日帰り温泉に行ってみました。

20分ほどバスで移動したところにあるホテル翔峰です。

これがめっちゃくちゃ良くて、制作続きで凝り固まった身体には何よりの良薬でした。

出来たらもう1回行きたかったのですが、

送迎バスの発着が限られていたのでこの日だけとなりました、残念。

その後はホテルに戻り明日の準備をして就寝致しました。

5月25日(土曜日)

朝、5時起床

ホテルの無料朝食バイキングでもりもり食べて、7時にテントの抽選に行き

そのまま展示準備に入りました。

送っていた作品は午前9時頃から持ち出し可能、初日のフェア開始時間は11時から

ですが、9時前からお客様が現れ始め10時にはすごい事に。

たくさんの方に作品を見て頂けて、1日中喋りっ放し。

友人に少し助けて頂いたので特に問題もなく17時を迎えました。

SDIM0144.jpg



17時からは早川義夫さんとタテタカコさんのライブを芝生の上で聞きました。

とても良かったですよ。

綺麗な夕焼けががだんだん青みがかっていき

それに伴い周りの山々も変化していきます。

そんな中、空のてっぺんに向かって歌が駆け上る様は

なんとも感動的で鳥肌が立ちました。

SDIM0138.jpg


5月27日(日曜日)

昨日に引き続き快晴。

朝5時に起床し、早々と会場入り準備を始めました。

9時の開始から昨日同様すごい人出で、多くの方にお褒めの言葉を頂きました。

ありがとうございました。

その中でも何人かの魅力的な方との出会いがあり、

これから何か繋がっていけたら嬉しいなという気持ちと不思議な予感を頂いて

クラフトフェアまつもとの2日間が終わりました。

正直に申しますと、作品の評判は自分の想像以上に良かったのですが、

販売としては厳しいものでした。

今まで、イベントで織りは売れづらい中、良い成績をおさめて来ましたし、

夏でもウールを売る男という称号を頂いた事もあるのですが

今回で消えました(笑)。

それがクラフトフェアまつもとだったというのはちょっとかっこいいな!

と自分では思っています。 また新たな伝説作ってしまいました。

冷静に判断すると、素材や価格の事などありますが

作品自体が屋外のイベントというよりは

ギャラリーなどでゆっくり見てお選び頂くものになって来ているように思います。

ただし今回もそうですが、人との出会いはやはりイベントならではのものだと思います。

販売というのは一辺でしかなく他のいくつもの辺が繋がってイベントに出る意義が

あるように感じました。

クラフトフェアまつもとに参加出来て本当に良かったと思います。

来年も応募してみたい気持ち。

でもその為にはいろいろ考えなければならないこともまた事実ですが。

やっぱ参加したいな。

さてさてこの後は5月31日から

新宿御苑のラ・ケヤキで行なわれるぬぬぬパナパナのぬぬ展に参加致します。


nunu_2012_1-thumb-420x420-1495-1.jpg



お近くの方、ご興味のある方は是非お越しくださませ!

作品の在庫情報などは展が終わってからこちらのブログでお知らせし

購入出来る様に致します。

昨年制作の作品はおかげさまでほとんどお嫁入りしております。

本年制作の大判のストールなどは、ぬぬ展で完売してしまう可能性があるので

展が終わったらまた秋冬に向けて制作していきます。

9月からは北海道、名古屋、東京と個展が続き、

11月末に何人かの作家さんとともに空間と物語を作る展示も

入っていますので、お楽しみに!


あ、作品が松本から戻って来ました。

メンテナンスしよう!

長文をお読みいただきありがとうございました。

作品を見てくれた全ての人とクラフトフェアまつもとへの感謝を胸に。

濱 野 太 郎


SDIM0146.jpg











fairDM2012-1024x726.jpg


5月26日(土曜)・27日(日曜)に松本市のあがたの森公園で行なわれます

クラフトフェアまつもとに出展致します。

テントを借りておりますので、比較的見つけやすいのではないかと思いますが、

一応、当日朝にテントの場所が決まりましたらツイッターでつぶやきます。

お越しになるご予定の方がいらっしゃいましたら是非お立寄りくださいませ。

クラフトフェアまつもとのHPはこちら

濱野太郎のツイッターは@TaroHamanoです。

宜しくお願い致します。
nunu_2012_1-thumb-420x420-1495-1.jpg


5月31日から東京で行なわれます、「ぬぬぬパナパナのぬぬ展」DMですが

第一便の方は既にお手元に届いていると思います。

今週、第二便をお送りする予定でしたが、体調を崩してしまい

来週になってしまいそうです。

申し訳ありません。

ワークショップの申し込みは17日からになりますので

ご希望の方はぬぬぬパナパナのHPをご覧になってお申し込みください。

HPはこちら

今回はDM枚数が限られますので工房からの風でご記帳頂いた方の

途中までになってしまうかもしれませんが、出来る限り送らせて頂きます。

宜しくお願い致します。

明日から日曜日までは大阪の大丸で昨日から始まりました「風水土のしつらい展」の会場に居ります。

ご興味ありましたら是非お越し下さいませ。





SDIM0004.jpg



SDIM0013.jpg



SDIM0008_20120505141119.jpg



SDIM0011.jpg





野菜は普通にオーガニックで

コーヒーはおいしいし

子供や犬にも優しいし

ゲイもヒッピーも関係なし

そんなおおらかで余裕のある町

(BRUTUS 2012/5/15 P080)