上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SDIM0083_20120727144503.jpg

この作品についての説明の前にクラフトフェアまつもとの事を少し触れたいと思います。

日本で一番有名なイベントですし選ばれる作家も全国で活躍する方ばかり、

来られるお客様も目の肥えた方ばかり。。。と思っていたのですが

現実はそうではありませんでした。

織物と編み物の区別がつかず、この編み物はを連発する人

通りすがりに手紡ぎ手織りのストールをぎゅっと強く握ってそのまま去る人達

コーヒーカップを口にくわえて、またはアイスを食べながらストールを触る人々

子供がストールを強く引っ張っているのを叱るどころか笑って写真撮ってる親

数人ではありません、数十人いました。

とても悲しかったです。

そして思いました。

織物って全く一般社会では理解も浸透もしていないのだという事。

特に手で織るとか糸から作る事とか。

だからその辺で売られている2000円ぐらいのストールと同じ扱い。

でもこれって織り作家の責任だと思います。

そういう世界を作って来たのは誰なのかと考えればそうとしか言えない。

で、今回の作品です。

手で織られたマフラーをもう少し一般の方が手を出しやすい価格で作りたいと思いました。

もちろん、質感や僕独自の色感覚など妥協を一切しないで。

糸は紡績糸ですが、ラムウールとカシミヤの糸を全て手染め(作家)しています。

カシミヤはT社とF社のもののみ使用。

今回は明るいボーダーだけですが

今後は色味や組織をいろいろ変えて作っていくつもりです。

またこのマフラーを手織りのマフラーの価格の指針にしてもらえたらとも

少し思っています。

この価格より著しく高くこの作品より良くない物だったらそれは勘違い作家のものでしょうし、

これより良くて価格も上下範囲内でしたらそれは「買い!」だったり(笑)。

まあ半分冗談ですが、手織りの名のもとに恐ろしい物が

びっくりな値段で売られていたりするのを見る事があるので

これを大体の基準にしてもらえると変なの買わないかなと。

こちらの作品達は9月から始まる北の住まい設計社の巡回個展で

1会場10点づつ展開していきますので、是非ご覧になってみてください。

近くで見ると一つのボーダーの中に何色も色が入っているのがわかると思います。

素材  ラムウール・カシミヤ紡績糸(全て作家の手による糸染め)

サイズ 19cm×160cm

価格  10500円(税込み)

コメント:
コメント:する












管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック:
トラックバック URL
→http://tarohamano.blog.fc2.com/tb.php/332-b0793853
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)